テーマ:火災

目隠しに防犯に、画期的技術だった

 建物や出入り口、窓などに設置され、使わない時は巻き上げて収納する「シャッター」は、1830年代の英国で誕生しました。長年にわたって、引き戸か開き戸しかなかったそれ以前に比べて、当時は大変な技術革新でした。60年代にはロンドンやパリなどの各地の万博にも出品されました。建具の歴史に詳しい東京理科大名誉教授・真鍋氏によると、初期のも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more