アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
生きる知恵を身につけよう!
ブログ紹介
 人の生きてきた証とも言うべき歴史と伝統、そこには厳しい時代を生き抜いて来た様々な足跡が残されています。
それをいち早く理解するには、先人の知恵に学び、本を読んで確かめて見る事から世界が広がります。
世の中で成功するには、受験勉強で有名校に入るだけでは駄目です。多くを学んで、多くの生きる知恵を身につける事こそ大事なのです。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
かのエジソンが発明したもの
かのエジソンが発明したもの  米国の発明王・エジソンが1877年に発明したのが、音を記録して再生する道具す。 今のレコードとは違い、真鍮製の円筒に錫箔を巻いたもので、それを公開したエジソンは実際に「メリーさんの羊」という歌を歌って実演したそうです。彼は、音楽再生より語学の教材といった実用品を考えていたといわれます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/14 20:57
川の名を商標登録したツイードとは
川の名を商標登録したツイードとは  服の生地で定番のツイード、もうすぐ着る人もあるでしょう。それは、スコットランドとイングランドの境目に流れるツイード川のほとりで生まれました。 羊毛の刈り取りから織り上げまで行う家内工業の形は18世紀半ばまでに確立されたようです。初めはスコットランド語で、織り方の「綾織り」を意味する「tweel」と綴られていたそうです。 しかし、英国のロンドンの商人が商標登録する際に間違って川の名前の「tweed」と書き、そのまま定着したとの説が知られています。生地は、ざっくりとした風合いに織られて... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/31 09:37
米軍の糧食として開発されたレトルト食品
米軍の糧食として開発されたレトルト食品  最近人気を集めている「レトルト食品」、冷蔵、冷凍が必要な真空パックとは違って、常温で保存可能な袋詰め食品です。1950年頃、米陸軍の研究所で缶詰に代わる糧食として開発が始まりました。「レトルト」とは、元々高圧釜の呼び名です。そこから「レトルト食品」とか「レトルトパウチ食品」などの名が付いたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/28 14:30
朝の主婦業を一変させたものとは
朝の主婦業を一変させたものとは 電気炊飯器は、何と東京の町工場が開発して1955年に東芝から初めて発売されました。 東芝から開発の依頼を受けたのは、当時、下請けだった東京都大田区の町工場「光伸社」という中小企業でした。社長は、大量の米を買い、家族と一緒に寝る間を惜しんで実験を繰り返しました。苦心していた温度調節の方法も、水が蒸発して釜の温度が急上昇するとスイッチが切れる仕組みを思いつき、3年かけて「東芝電気釜」の完成にこぎ着けました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/26 09:40
みなさん、活用してますね
みなさん、活用してますね  手帳といえば、日ごとに予定や出来事を記入して、便利に使われていますね。 これが初めて市販されたのは、1812年の英国ロンドンでした。文具店に「商品の在庫や帳簿の記録を書き留めたい」という声に押されてがきっかけとなりました。売れ行きは上々で、店主のレッツが起こした会社の製品は、今でも世界で愛用されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/23 07:20
今も活躍するオフィス機器とは
今も活躍するオフィス機器とは  今やインターネットの全盛時代、その中にあって今もなおオフィスなどで使われているファクシミリ、つまりファクスは、ラテン語で「同じものを作れ」を意味するそうです。英国人の技術者が、電話の登場よりも33年前の1843年に発明しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/10 08:59
最近は使われているの?
最近は使われているの?  マッチの原型は、1827年に英国の薬剤師によって発明されました。 日本燐寸工業会によると、先端に塩素酸カリなどの薬を付けた軸木を、ガラス粉を付けた紙でこすって着火させたそうです。ただ、「着火は簡単だが自然発火はしにくい」という簡便さと安全性を両立させるために、多くの学者らが数十年にわたり、軸木に付ける頭薬の成分などの試行錯誤を重ねました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/07 09:31
ラヂオ焼きから発展した「たこ焼き」とは
ラヂオ焼きから発展した「たこ焼き」とは  ラヂオ焼きとは、一体何ぞや? 大正時代から人気があったのがラヂオ焼き、くぼみが付いた鉄板に小麦粉の生地を垂らして、ひっくり返しながら焼き上げます。コンニャクやエンドウ豆などを入れていたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/03 08:02
スリル満点のレースですね
スリル満点のレースですね  世界初の本格的な自動車レースは、1895年にフランスのパリとボルドーを往復する約1200キロのレースでした。前年にやはり同国で、ガソリンエンジンや蒸気機関などの動力優位性を競う目的の約130キロレースが行われ、人々の関心が高かったことが開催につながったそうです。その後、公道を使った都市間のレースが続きましたが、見物客が自動車に不慣れなために死傷者が絶えず、ルマン市に専用のサーキットが造られました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/28 09:12
古代ローマからあったマンホール
古代ローマからあったマンホール  マンホールは、下水道などの水路を点検、整備するために、人が出入りできるように設置された穴です。 その起源は、紀元前のメソポタニアと古代インドが最初だったとされています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/23 19:51
毛染めの風習は古代から
毛染めの風習は古代から  人は昔から様々な方法で髪を染めていました。日本ヘアカラー工業会によると古代エジプト人は、へナという植物を使い、爪や髪を赤や橙色に染めていました。紀元前1世紀のローマでは、遠征から凱旋したカエサルが北欧系の金髪女性を連れ帰ったことをきっかけに、貴婦人の間で金髪が大流行しました。灰を塗った髪を一日中、日光に当てて脱色するなど涙ぐましい努力の末に金髪を手に入れていたようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/11 17:55
洋食店の賄い食が進化
洋食店の賄い食が進化  チキン南蛮といえば、好きな人も多いでしょう。揚げた鶏肉を甘酢やタルタルソースなどで味付けしたもの、1960年代に宮崎県延岡市で、市内の洋食店の賄い料理を基に考案されたといわれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/08 09:41
それは地図の製作から始まった
それは地図の製作から始まった  ジグゾーパズル、それは18世紀後半に英国の地図制作者が考案したとされています。石井國學院大副学長によると、地図を木の板に貼り付け、国などの境界線に沿って切り離したもので、子どもに地理を教える教材でした。当時は「解体地図」という名前で、大変高価なものでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/03 08:54
経済の要として動いている
経済の要として動いている  世界最古の本格的な証券取引所は、17世紀に当時金融の先進国だったオランダのアムステルダムに設立されました。同じ頃に、アジアと貿易を行うオランダ東インド会社が世界で初の株式会社となり、株式の取引が活発になったことがきっかけでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/27 08:48
お経ではなく、時刻を知らせる道具だった
お経ではなく、時刻を知らせる道具だった  読経などに使われる木魚、様々な宗派で用いられ、打ち鳴らすことで人々の読経のリズムを整える効果があります。公益財団法人・禅文化研究所によると、遅くとも1000年ほど前には中国の寺院で「木魚」と呼ばれていて、僧侶に食事などの時刻を知らせる実用品として使われていたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/22 20:29
自動改札はいつから始まったか
自動改札はいつから始まったか  世界で初めて設置された鉄道用の自動改札機は、1967年3月に阪急千里線の北千里駅に実用化され設置されました。当初、開発に携わったのは近鉄と大阪大学、立石電機(現在のオムロン)で、60年代の高度成長期に乗客が増えて、ラッシュ時に改札にできる長蛇の列を自動化により解消しようとするのが目的でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/06/17 20:33
さすが日本の平和利用の産物
さすが日本の平和利用の産物  はかなくも美しいあの火花に根強い人気のある線香花火、その誕生は1600年代の日本でした。戦国時代に鉄砲と共に伝来した黒色火薬が、後の天下統一で活躍の場を失い、江戸時代になり「平和利用」として、花火に用いられるようになったのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/06/10 17:07
西欧の馬車をヒントに文明開化
西欧の馬車をヒントに文明開化  腰掛け付きの二輪車に客を乗せて車夫が引いて走る人力車、これは欧米文化の伝来ではなく、東京の日本橋で料理人をしていた和泉要助ら3人が1869年(明治2年)に、街を行き交う西洋の馬車や荷車をヒントに発明したものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/05 19:19
古来、日本で考案された夏の必需品
古来、日本で考案された夏の必需品  扇子は、奈良時代から平安時代初期にかけて日本で考案された「檜扇」がルーツとされています。 檜扇は、文字を記したヒノキの木簡の片端に穴を開け、ひもでつないだ物です。ただ、今のように涼をとる道具ではなく、儀式の次第など長い文章が必要な場合に、木簡の束がバラバラにならないようにした現在のノートのような物でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/26 17:36
日本発の発明が世界へ
日本発の発明が世界へ  カーナビゲーションシステムは、今では全車に普及していますが、世界に先駆けて開発したのは日本のメーカーであるホンダです。1981年に発売しました。ホンダの技術者は、現在位置を把握する航空機などの機器に着目して、試行錯誤の末に自動車への搭載に成功したものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/21 18:18

続きを見る

トップへ

月別リンク

生きる知恵を身につけよう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる