近代的建築工法の起源とは

  現場で組み立てて作業を行うとされる「プレハブ工法」は、工期が短縮できるという特長があり、材料も工場で前もって生産して調達できるという利便性がある。この起源はというと、何と18世紀末頃からの欧州列強の帝国主義政策にあるとされている。  植民地で宿舎などの施設を建てる際に、「気候や風土の異なる現地で建材を調達…
コメント:0

続きを読むread more