庶民向けに屋台売りから始まった

300px-Inari_zushi_in_201902_001[1].jpg


 「稲荷ずし」は、江戸時代後期には庶民向けに江戸の屋台などで売り歩かれていたとの記録が残っています。
それによると、油揚げの一方を割いて袋状にして、キクラゲやかんぴょうなどを混ぜたご飯を入れ、すしとして売り歩いていたものです。
「稲荷ずし」の名は、商売繁盛や豊作の神様「稲荷神」のお使いだというキツネが、油揚げを好物としているからという説が有名です。当時の浮世絵などには、簡素な屋台で、海苔巻きのように細長い稲荷ずしを切って売る様子が描かれていて、この頃はワサビ醤油で食べる人もいたようです。今、東日本の稲荷ずしは、米俵のような形になっていますが、西日本ではキツネの耳を模した三角形です。中のご飯も、東は具のないすし飯、西では五目ずしが一般的です。


 すしに関する著書がある研究家の日比野光敏さんによると、この分布は富山湾から三重県の志摩半島辺りを結ぶ線を境界にしていて、雑煮の餅の形が四角(東日本)か、丸(西日本)かを分ける線とほぼ同じとのことです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント