歴史は古く、室町時代の文献にも

画像

 今では、あまり見られなくなった伝統的な正月の遊び、「羽根突き」に使われる道具は羽子板、年の瀬にはその年の話題の人物を飾りにあしらう「変わり羽子板」も人気です。

 古くは、室町時代の国内の文献に羽根突きの記述が残っています。
古代の中国には、羽根が付いた玉を足で蹴り合う子ども遊びがありました。それが日本に伝わった後に、羽子板を使う「羽根突き」になったとされます。夏に子どもが虫に刺されないように願う「おまじない」的な意味合いもあったそうです。

 それはやがて、正月の飾り物や女の子の初正月を祝う縁起物にもなって行き、金箔や銀箔を貼ったり、蒔絵を施したりして豪華なものへとなった物も登場します。この頃には、庶民の女の子の遊び道具としての羽子板と主に身分の高い人たちが珍重する美術品とに分かれて出回るようになりました。

 江戸時代には、綿や布を使って立体的な絵柄にする押し絵細工が羽子板に取り入れられました。歌舞伎役者を表現した羽子板が、町人の間でプロマイドのような人気になったそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック