テーマ:ひとりごと

みんな気にしてる?

体重を測定する歴史の始まり、それはイタリアの医師・サントリオが16~17世紀頃に、およそ30年間にわたって大きな棹秤の上で食事をとるなどして、日中の体重の変化を調べたのが最古だとされています。 家庭用の体重計は、18世紀に英国の発明家・ワイアットが原型を作り、米国などで改良されたといわれます。  日本では1876年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志木・引又宿の面影を訪ねて

志木市内の本町通りは、かっては引又街道と呼ばれ、奥州から相模へと通じる宿場町として栄えた通りでした。 その歴史は古く、鎌倉時代からの宿場が発展してきたのではないかと推察されていましたが、水利には縁のない武蔵野台地にあって、ここは新河岸川と柳瀬川の合流点に隣接して水運の要衝にもなっていたため宿場が栄えたとされて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国分寺を歩く、①

   最初に訪れたのは、ここ都立殿ヶ谷戸庭園です。 大正年代の初期に、満鉄副総裁の別邸として造られたものを旧三菱財閥の岩崎彦弥太氏が別邸として買い上げた後、茶室等を整備して回遊式庭園として完成させたものです。その後東京都が昭和49年に買収して都立庭園になったものです。国分寺崖線の南縁にあり、典型的な段丘崖を含んだ地形の中に造られてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more