テーマ:花火

最近は使われているの?

 マッチの原型は、1827年に英国の薬剤師によって発明されました。 日本燐寸工業会によると、先端に塩素酸カリなどの薬を付けた軸木を、ガラス粉を付けた紙でこすって着火させたそうです。ただ、「着火は簡単だが自然発火はしにくい」という簡便さと安全性を両立させるために、多くの学者らが数十年にわたり、軸木に付ける頭薬の成分などの試行錯誤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さすが日本の平和利用の産物

 はかなくも美しいあの火花に根強い人気のある線香花火、その誕生は1600年代の日本でした。戦国時代に鉄砲と共に伝来した黒色火薬が、後の天下統一で活躍の場を失い、江戸時代になり「平和利用」として、花火に用いられるようになったのです。  当時は、わらしべの先に火薬を詰めたもので、香炉や火鉢に仏壇の線香のように立てて遊んでい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more