テーマ:音楽

日本の伝統楽器、尺八の起源は?

 竹を切って節を抜き、穴を開けて作ったシンプルな楽器「尺八」は、中国の唐の時代の初期に、当時の音階に合わせて改良されました。日本尺八連盟によると、長さが1尺8寸います。(約55センチ)なので、その名が付いたとする説が一般的ですが、計測法は国や時代によって異なるため、古い尺八の長さは様々でもっと短いものもあるそうです。  日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かのエジソンが発明したもの

 米国の発明王・エジソンが1877年に発明したのが、音を記録して再生する道具す。 今のレコードとは違い、真鍮製の円筒に錫箔を巻いたもので、それを公開したエジソンは実際に「メリーさんの羊」という歌を歌って実演したそうです。彼は、音楽再生より語学の教材といった実用品を考えていたといわれます。  ただ、円筒形だったため大量生産…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お経ではなく、時刻を知らせる道具だった

 読経などに使われる木魚、様々な宗派で用いられ、打ち鳴らすことで人々の読経のリズムを整える効果があります。公益財団法人・禅文化研究所によると、遅くとも1000年ほど前には中国の寺院で「木魚」と呼ばれていて、僧侶に食事などの時刻を知らせる実用品として使われていたそうです。  当時も魚の模様があしらわれていましたが、形は今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more