テーマ:歴史

もうすぐオリンピック、競泳の歴史は?

 その歴史は、意外に浅いもので19世紀前半の英国で行われた賭け水泳がルーツなんです。泳ぐ行為自体は、古くは古代エジプトの神聖文字(ヒエログリフ)に描かれていて、古代ギリシャでも「文字も泳ぎも知らない者は無教養だ」とされた記録が残っています。  しかし、これらは生活や軍事上の必要で行われた実用的なもので、日本でも同様に、庶民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

利用範囲が広がって

 段ボールの発祥は、1856年で英国からです。シルクハットの内側を汗で蒸れないようにするため、通気性を保つ裏地材として開発されたものです。後に米国で、ビンなどの緩衝材、包装材として普及しました。  全国段ボール工業組合連合会によると、日本では1909年(明治42年)に、中国大陸の放浪から帰国した井上貞治郎という人物が、国産…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の伝統楽器、尺八の起源は?

 竹を切って節を抜き、穴を開けて作ったシンプルな楽器「尺八」は、中国の唐の時代の初期に、当時の音階に合わせて改良されました。日本尺八連盟によると、長さが1尺8寸います。(約55センチ)なので、その名が付いたとする説が一般的ですが、計測法は国や時代によって異なるため、古い尺八の長さは様々でもっと短いものもあるそうです。  日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弁慶の逸話に始まる

 全長2メートル余りの長い柄に反り返った刃をつけた薙刀は、日本発祥の伝統的な武器です。平安末期に、主君の源義経を守るべく、敵の矢を浴びながらも薙刀を支えに立ったまま絶命した武蔵坊弁慶の「立ち往生」の逸話で知られています。初めて薙刀が文献に登場したのもこの頃です。「俗に奈木奈多と号す」と、万葉仮名で記されています。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼稚園はいつから始まったか

 未就学児童向けの教育機関の幼稚園、それは1840年に「幼児教育の祖」とされるドイツの教育者フレーベルという人が創設しました。施設名は、ドイツ語で「子どもの庭」を意味する Kindergartenで、英語も同じ表記となり、日本語の「幼稚園」の語源にもなっています。  京都市学校歴史博物館によると、日本では1875年(明治8年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酒マンが発祥の起源

 あんパンといえば、「木村屋」といわれるほど有名になった東京・銀座の木村屋総本店は、明治初期に創業者の木村安兵衛と英三郎親子によって考案されたものです。 二人は、文明開化で庶民の口に入るようになったパンを日本人向けに改良する中で、パン酵母の代わりに米、水と糀で作った酒種を生地に混ぜて発酵させる方法を思いついたのです。 昔なが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more