テーマ:金融

日本では、江戸時代にもあった商品券

 主に贈答品として使われる商品券は、江戸時代中期に商業が発展した江戸や大坂などの大都市を中心に、その原型があったと確認されています。物品と交換できる権利を小さな紙片にして相手に贈る「商品切手」と呼ばれていました。  大阪市大名誉教授の石原氏によると、店にとっては品物を渡す前に代金を得られる利点があり、「コメ」「豆腐」「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国で始まったドライブスルー、日本では

車に乗ったまま注文して、品物を受け取るドライブスルーは1930年代に米国で始まりました。 日本では、65年に、東京日本橋室町の「山本海苔店」が導入したのが最初だそうです。 山本海苔店によると、役員が視察に赴いた米国で飲食店などで行われているドライブスルー方式に目が留まり、会社の新社屋をオープンする際に、社の裏口に開設しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今や全盛時代で消費を推進

 財布の中に入れて持ち歩くポイントカード、その始まりは1850年代に米国の業者が間違って大量に仕入れた石けんの在庫を少しでも減らそうと、購入者に景品と交換できる特典付きのクーポン券を配ったサービスからです。  小本駒沢大教授によると、クーポン券によって客を店に取り込む効果が出ると、米国や英国で新たにスタンプカードが登場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済の要として動いている

 世界最古の本格的な証券取引所は、17世紀に当時金融の先進国だったオランダのアムステルダムに設立されました。同じ頃に、アジアと貿易を行うオランダ東インド会社が世界で初の株式会社となり、株式の取引が活発になったことがきっかけでした。  英国では、ロンドンの中心部のコーヒーハウスに商人たちが集まって取引していて、店が177…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more