テーマ:ファッション

戦後の東京で誕生しました

 雨の季節に重宝なビニール傘、それは戦後に東京で生まれました。 開発したのは、江戸時代から続く傘問屋の9代目の須藤三男さんという方です。きっかけは1953年(昭和28年)、雨漏りや色落ちが多かった木綿の傘にかぶせるビニールカバーを作ったことでした。進駐軍が持ち込んだビニールのテーブルクロスがヒントになりました。しかし、化繊の傘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べ放題が人気ですが、その起源は?

 食べ放題の起源は、16世紀頃のスウェーデンで始まった宴会料理が始まりです。 名物のニシンや肉料理などを仲間同士で持ち寄り、各自で取り分けて食べる「スモーガスボード」と呼ばれる料理で、スウェーデン語で「パンとバターのテーブル」という意味です。それはやがて周辺国にも広まりました。  前菜からデザートまで食べる順序が大体決ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平安貴族の身近な暮らしとは

 和室には欠かせない座布団のルーツは、平安時代に貴族が使った高級品「茵・しとね」とされています。座布団メーカーの森製綿所(東京)によると、茵は当時、貴族が敷き布団として使ったむしろや薄畳を1辺約1メートルの正方形にして、布をかぶせたものでした。縁は位により黄絹や紺布などと決められ、権威の象徴でした。  江戸時代になると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毛染めの風習は古代から

 人は昔から様々な方法で髪を染めていました。日本ヘアカラー工業会によると古代エジプト人は、へナという植物を使い、爪や髪を赤や橙色に染めていました。紀元前1世紀のローマでは、遠征から凱旋したカエサルが北欧系の金髪女性を連れ帰ったことをきっかけに、貴婦人の間で金髪が大流行しました。灰を塗った髪を一日中、日光に当てて脱色するなど涙ぐま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more