鎌倉時代に武士に定着した

 海外では「ハラキリ」として知られている切腹、日本でこれが初めて行われたのは平安時代とされています。盗賊の袴 垂という人物が捕らえられる際に腹を切ったと文献に残っているそうです。異説もあり、定かではありません。これが武士の作法として定着するのは、鎌倉時代以降とのことです。武士の勇気ある華々しい死に方と同時にその死にあたって真…
コメント:0

続きを読むread more