その歴史は、18世紀まで遡るものだった

 歩数を測る習慣は、古代からあったそうですが、それを測る器具として考案したのは何とあのレオナルド・ダ・ビンチといわれています。18世紀になりヨーロッパで腰の上下動に反応する歩数計が考案され、敵の要塞の大きさを測るために使われたそうです。形は懐中時計に似たもので、時計を見るふりをして歩数を測ったといわれています。やがて…
コメント:0

続きを読むread more

フランスで始まったレースとは

今では「ツール・ド・フランス」として世界的に有名になっている自転車のロードレース、それは1868年にパリの公園で初めて公式レースとして開催されたものです。その時の距離は、わずかに1200メートルといわれています。当時は娯楽も少なく、レースの観戦に人々は熱狂し、ヨーロッパを中心に様々なレースが行われるようになりました。やがて長距離…
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉時代に武士に定着した

 海外では「ハラキリ」として知られている切腹、日本でこれが初めて行われたのは平安時代とされています。盗賊の袴 垂という人物が捕らえられる際に腹を切ったと文献に残っているそうです。異説もあり、定かではありません。これが武士の作法として定着するのは、鎌倉時代以降とのことです。武士の勇気ある華々しい死に方と同時にその死にあたって真…
コメント:0

続きを読むread more

それは、かっての東京五輪から

これはユニットバス、時は1964年の東京五輪開催前のこと、当時、東京では宿泊施設の不足が問題でした。この前年に当時としては国内最大のホテル「ホテルニューオータニ」の建設が決まりましたが、工期はひっ迫していて中でも工程の多い浴室工事が問題となりました。そこで建設会社から依頼を受けた東洋陶器(現・TOTO)は、4人で開発…
コメント:0

続きを読むread more