鎌倉時代に武士に定着した


切腹.jpg

 海外では「ハラキリ」として知られている切腹、日本でこれが初めて行われたのは平安時代とされています。盗賊の袴 垂という人物が捕らえられる際に腹を切ったと文献に残っているそうです。異説もあり、定かではありません。これが武士の作法として定着するのは、鎌倉時代以降とのことです。武士の勇気ある華々しい死に方と同時にその死にあたって真心を示す意味もあったとされています。


 山本博文東大教授によると、「腹に一物」などというように、昔は人間の心がお腹の中に宿っているという観念が強かったそうです。
切腹は、元々自主的に行うものでしたが、江戸時代には武士への刑罰として使われたみたいです。打ち首などとは違い、自らが責任をとるという名誉ある刑でした。主君のあだ討ちをして切腹を命じられた赤穂浪士の死は、「武士のあるべき姿」として美化されたようです。


 一方で、階級社会の中で上の者の責任を部下に取らせるために利用された側面もあったようです。刑罰としての切腹は、明治時代に廃止されましたが、今でも「詰め腹を切らされる」などという言葉が残っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント