今は平和利用、かっては軍事暗号だった

300px-TThe_monument_of_Tokyo_blind_and_mute_School.jfif展示は、19世紀の初めにフランスで、暗闇でも手で触れて情報伝達できるようにと軍事用暗号として考案されました。これがパリの盲学校に持ち込まれ、視覚障害者用に改良されたのです。
縦3点、横2列で構成する6点式点字は読み取り安く、自分で打つこともできる画期的なもので、欧米各国に普及して今では世界中で使われています。

 日本に紹介されたのは1880年頃で、当時はアルファベットを知る人も少なく、当時の東京盲唖学校の教師らが50音や記号を表す日本語版点字を開発しました。それまでは、紙をよって文字の形にした「こより文字」などがありましたが、複雑な漢字を指で読むには大変時間がかかりました。点字歴史に詳しい元特別支援学校の岩崎教諭によると、「点字は慣れると、目で読むのと遜色ない速さで読み取れます。情報処理能力が格段に上がりました」と、その効果を評価しています。

 現在では、コンピューター上での文章を点字に変換するソフトやそれを表示する点字ディスプレーなども発達して、利便性が向上しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント