庶民向けに屋台売りから始まった

 「稲荷ずし」は、江戸時代後期には庶民向けに江戸の屋台などで売り歩かれていたとの記録が残っています。 それによると、油揚げの一方を割いて袋状にして、キクラゲやかんぴょうなどを混ぜたご飯を入れ、すしとして売り歩いていたものです。 「稲荷ずし」の名は、商売繁盛や豊作の神様「稲荷神」のお使いだというキツネが、油揚げを好物として…
コメント:0

続きを読むread more