利用範囲が広がって

 段ボールの発祥は、1856年で英国からです。シルクハットの内側を汗で蒸れないようにするため、通気性を保つ裏地材として開発されたものです。後に米国で、ビンなどの緩衝材、包装材として普及しました。  全国段ボール工業組合連合会によると、日本では1909年(明治42年)に、中国大陸の放浪から帰国した井上貞治郎という人物が、国産…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more