日本の伝統楽器、尺八の起源は?

画像

 竹を切って節を抜き、穴を開けて作ったシンプルな楽器「尺八」は、中国の唐の時代の初期に、当時の音階に合わせて改良されました。日本尺八連盟によると、長さが1尺8寸います。(約55センチ)なので、その名が付いたとする説が一般的ですが、計測法は国や時代によって異なるため、古い尺八の長さは様々でもっと短いものもあるそうです。


 日本には、飛鳥~奈良時代の頃に伝来し、雅楽の楽器、仏具として使われていました。聖武天皇が愛用したとされ、東大寺の正倉院には、象牙、大理石製の尺八も納められています。

 尺八といえば、頭が隠れる編み笠をかぶった僧侶(虚無僧)が吹く姿が知られていますが、江戸時代には多くの浪人が虚無僧になって尺八を吹いて、施しを求める托鉢をしていました。
虚無僧は、自分たち以外が尺八を吹くことを認めませんでしたが、農民や町民は構わず楽しんでいたようです。

 明治以降は、仏教との関係は薄れ、様々な流派も生まれました。今では、ジャズなどの海外発祥の音楽でも演奏されています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック