幼稚園はいつから始まったか

画像

 未就学児童向けの教育機関の幼稚園、それは1840年に「幼児教育の祖」とされるドイツの教育者フレーベルという人が創設しました。施設名は、ドイツ語で「子どもの庭」を意味する
Kindergartenで、英語も同じ表記となり、日本語の「幼稚園」の語源にもなっています。

 京都市学校歴史博物館によると、日本では1875年(明治8年)に国内初の小学校となる京都市の「上京三十区小学校」内に、「幼稚遊嬉場」という施設が置かれたのが最初です。
「幼稚園」の名を初めて用いたのは、76年設立の「東京女子師範学校付属幼稚園」(現在のお茶の水女子大付属幼稚園)で、当時の読売新聞にも記事が載りました。

 ただ、その頃、幼児教育を施す余裕のある家庭はまれでした。当時の文部省は幼稚園を奨励しましたが、庶民に普及したのは、はるか後の戦後になってからです。
園児数は、第2次ベビーブーム世代と重なる1978年(昭和53年)度に、最多の約250万人となりましたが、共働き家庭の増加や少子化に伴い、近年は大幅に減少しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック