酒マンが発祥の起源

画像


 あんパンといえば、「木村屋」といわれるほど有名になった東京・銀座の木村屋総本店は、明治初期に創業者の木村安兵衛と英三郎親子によって考案されたものです。
二人は、文明開化で庶民の口に入るようになったパンを日本人向けに改良する中で、パン酵母の代わりに米、水と糀で作った酒種を生地に混ぜて発酵させる方法を思いついたのです。
昔ながらの酒まんじゅうがヒントになったと見られます。


 このあんパンに魅了され、全国に普及するきっかけを作ったのが、幕末から剣客として知られ、当時、明治天皇の侍従を務めていた旧幕臣の山岡鉄舟です。その鉄舟の働きかけにより、1875年(明治8年)4月4日に、東京の向島に花見に訪れた明治天皇と皇后に木村屋のあんパンがお茶菓子として献上されました。八重桜の花びらの塩漬けが埋め込まれたあんパンを両陛下はとても気に入り「引き続き納めるように」と話されたといわれます。


 やがて、人気は全国に広がり、菓子パンの定番になりました。現在、献上の日にちなみ、4月4日は「あんぱんの日」とされています。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック