日本の創作玉子料理とは

画像


 好きな人も沢山いると思われるオムライス、その起源はれっきとした日本発祥の創作料理なんです。卵でご飯を包んだ今の形は、記録をたどると大正時代末期の料理本に「オムライス(卵と肉の飯)」として、調理法が紹介されています。

 その少し前に、大阪の洋食店「パンヤの食堂」(現在の北極星)で、胃の具合が悪かった常連客が毎回オムレツとご飯を注文しているのを見かねた店主の北橋さんが、トマトケチャップで炒めた具入りのご飯を卵で包み出した。献立名を尋ねる客に「オムレツとライスだからオムライス」だと言い、瞬く間に人気メニューになったそうです。北橋さんの出身地・石川県宝達志水町では今や「オムライスの郷」と銘打ち、協賛店によるイベントが毎月行われているそうです。

 一方で、似たような料理は20年以上前にあったそうです。1900年頃、東京・銀座の老舗洋食店で、ご飯とオムレツを混ぜた料理が従業員の賄い飯になり、やがて人気メニューになったそうです。「元祖」とうたっている店はほかにも都内にあり、これらは東の祖とも言えそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック